院長紹介・医院の特徴

違和感や治療期間をできるだけ抑えた矯正治療を行っています。

矯正治療をお考えの方、矯正をしたいけど不安な方はお気軽にご相談ください

当院では矯正治療の無料相談を行っております。

インターネット予約

院長紹介

はじめまして、院長の荒川です。

私が最初に歯科医療に関わるようになったのは、歯科技工専門学校に入学した20歳の時でした。将来のことを考えていなかった私に、手先がとても器用だからと母がすすめてくれたのが歯にかぶせるクラウンや入れ歯などを作る歯科技工士という仕事だったのです。それほど思い入れなく飛び込んだ世界だったのですが、きめ細かい配慮で完成度の上がる歯科技工に夢中になり、そのうち歯科医療全体、特に予防について強い興味を抱くようになりました。そこで、歯科技工の専門学校を卒業してから、改めて歯科大学に入学し、咬合の育成と予防を目的とした歯科矯正学に出会います。手先の器用さを活かすことができ、根気よく最後まで丁寧に仕事しながら、歯科予防で患者さまのお役に立ちたいと考えていた私とって、矯正治療は理想の仕事でした。大学卒業後は矯正学教室に入局し、その後も矯正治療専門のクリニックで矯正治療を専門に研鑚してきました。

私どものクリニックで行っている舌側矯正は、セットアップ模型作ることで正確にブラケットの位置決めを行い、お一人おひとりに合わせてワイヤーを屈曲していきます。こうした精緻な手作業に加え、出来上がった装置を患者さまのお口の中に装着する際にも、きめ細かな配慮と丁寧さは欠かせません。歯科医師になる前に、歯科技工士の勉強をしてきたことで、より完成度が高い矯正治療ができるのだと
感じています。

不正咬合は顎のスペースが足らない場合が多く、やむを得ず抜歯が必要になるケースもあります。また、正しい位置に歯を動かしても隙間ができてしまうことがあります。そうした際にも、歯科技工士の経験や知識を活かして、隣り合った健康な歯に負担をかけない修復治療を行っています。

今後とも、微力ながらみなさまの健康と笑顔のためにお手伝いできますよう努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

院長 荒川 直樹

院長略歴

1986年 神奈川歯科大学付属歯科技工専門学校 卒業
1992年 神奈川歯科大学 卒業
矯正学教室入局
1994年 横浜市磯子区 窪田矯正歯科診療所 勤務
1999年 厚木矯正歯科 開設
 

専門とする疾患など

  • 矯正歯科
  • 小児矯正歯科
 

所属学会・認定医など

  • 日本矯正歯科学会
  • 東京矯正歯科学会
  • 日本歯科医師会
  • 神奈川県歯科医師会
  • 厚木歯科医師会

当院の矯正治療の特徴

当院では治療上以下のことに心がけております。

1.インフォームドコンセント

患者さまのご協力は、治療効果を上げ、矯正治療を成功に導くための大きなポイントです。今何をしていて、治療がどんな段階なのかなど、毎回の治療時にわかりやすく説明することで、日々のケアの必要性についてご理解いただいています。

2.すべての治療を丁寧に行っています

効果をきちんと得るためには、診査診断、装置作成、装着、ケア、アドバイスなど、すべての治療を丁寧に行うことが重要だと考えています。

3. 早期治療 

学童期から積極的に準備となる治療を行って、将来予測される不正咬合を最小限に抑えるよう努力しています。また、矯正治療中に虫歯が出来ないよう、予防処置を行っています。

4.非抜歯による治療 

できるだけ歯を抜かずに矯正できるよう心がけています。

5.目立たない矯正、気にならない装置

矯正治療は、長い治療期間と口内に装置があることが、患者さまにとって大きな負担になっていると思います。当院では、できるだけ短い期間で治療できるよう検討し、舌側など目立たない装置を採用し、ブラケットなども薄く小さいものを使うことで、患者さまのご負担をできるだけ軽減できるよう努めています。

スポーツマウスガードの作成も行っています

当院では、矯正治療のほか、スポーツをする時に口やあごのケガを防ぐために装着するマウスガードをお作りしています。

多くは上あごに装着するマウスピースで、マウスプロテクターとも呼ばれています。歯を喪失する原因は歯周病や虫歯だけではありません。スポーツでは、歯が折れる、抜け落ちる、くちびるや舌などをケガする、あごの骨折などが起こります。そこで、マウスガード装着が義務付けられている競技や、装着が推奨されているスポーツがあります。格闘技のほか、接触の多い球技、体操などアクロバットな動きがともなうもの、スキーやスノーボードなどスピードが出る競技では、マウスガードを使っているアスリートが増えています。

マウスガードは口やあごのケガの防止効果が報告されています。全自衛隊空手道選手権大会において、マウスガードの装着が義務化された際には、外傷の発生率は半分に、顔面、あご、口の外傷発生率に限ると1/5にまで減少しています。

マウスガードを上下の歯の間に介在させることで、顎関節への衝撃緩和、脳震盪の防止と軽減という効果もあります。また、かみ合わせに左右差がある場合には、マウスガード装着により左右の筋力の平衡が得られるので、運動能力の向上も期待できます。その他、ケガを気にせず安心してプレーできることで、持っている能力を思い切り出すことができます。

噛み合わせや歯並びを治すことに遅すぎたり早すぎたりすることはありません。
歯並びが良ければ自信を持って笑顔に、そして噛み合わせが正しければ、身体も健康でいられます。

お悩みの方は、無料相談も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

本厚木駅からすぐ、土日も診療しています。

  • bottom_tel.png
  • メールでのお問い合わせ